オヤジの会

先日、震災の影響で一旦は自粛になりました「オヤジの会」ですが、次回は桜の花咲く頃にやりましょうという思いが通じ、無事開催の運びとなりました。
この「オヤジの会」ですが、要は近所の普段あまり交流のない我々世代のオヤジ達が集まっていろいろ話そうという単純な発想ですが、これがなかなか結構面白くて今も続いています。
%E7%94%BB%E5%83%8F%2017%20069.jpg
実は震災のこともあり、今回は一応飲んだことにしてそのお金を義援金に回そうという結論に達したのですが、金額はいくらにするのか、どこを経由してどこに渡すのかなど話し合う必要があるのではないかと理由をこじつけ、結局いつもの居酒屋さんに集合することになりました(笑)
(金額、経由の話は一分で終わりましたが・・)
話題はいろんなところに飛びます。
今回の大地震から始まり、仕事、子育て、家のローン、近所付き合い、趣味、そして子供の近況。
確かに職種が全員違うので利害関係が存在しないこともあるかもしれません。
しかし、それ以上にそれぞれの立場が違うと、同じ話題でも考え方が全然違ってくるなと感心することもあります。
「飲みニケーション」というのは大事なのだとつくづく考えさせられます。
家に帰ってまで煩わしい付き合いなどしたくないと思われるかもしれませんが、今ではこの会が私の貴重な情報源でもあり、癒し空間でもあり、自分が反省させられる場でもあります。
写真は二次会に使う近所のショットバーの前で撮ったものですが、皆さん楽しそうです。

院長ブログ 2011.04.15
我が家のサクラ2011

今年も我が家の桜が咲きました。
毎年ブログで紹介しているのですが、昔に比べだんだん樹が太くなってきました。
15年前にこの家を購入したのですが、当時この樹はあまり憶えのないくらい影が薄く春になって桜が咲いてからこれは桜の樹だったのかと気がついたくらいです(笑)
110410_122025.jpg
今年は震災の影響でお花見を自粛する傾向にありました。
今でこそ自粛すべきでないとのいろんな意見があると思いますが、それはいろんな情報が入ってきたからこそ言えることで震災直後にそんな気分になれるはずもありません。
確か、テレビでいろんな催しが中止になったと放送されていたことを憶えています。
なかでも8月の花火大会が中止になったことをマスコミが取り上げていましたが、まだまだ開催の時期が先であったとしても準備期間なども含めれば当事者の方々は苦渋の決断だったと思われます。
やはり、今年は例年よりかなりの方がお花見(宴会ではないお花見も含めて)を控えたそうです。
このようにお花見ひとつとっても震災の影響は計り知れないものがありますが、それに対して企業の義援金の金額には驚いています。
これも税金のことを考えてとか、宣伝になるとかいう意見もあるでしょうが、しかし儲ける(最優先される?)だけが企業の役割でなくなったことを証明しているのは事実です。
新聞を見ていても、普段なら絶対拠出しないような金額を寄付されており被災地への気持がお金に表れています。
大小いろいろな企業の活躍に対して、この人たちはこの事態をどう考えているのでしょうか?
報道番組でのあるコメンテーターが実際に発した言葉です。
「今、被災地のために日本が一つになろうとしています。お願いですから政治家の皆様は邪魔をしないでください!」
ここまで言い切るとは・・、名言です。
よくぞ言ってもらえました(苦笑)

院長ブログ 2011.04.10