京都市南区久世にある、横田歯科医院です。開業して20年近く経ち、治療中心から予防中心の医療へ、最新の治療設備を導入し治療にあたっております。ご来院の患者様には安心して治療をうけていただけるよう取り組んでおります。

人生山あり谷あり信号あり日記ほっこり~な日記
診療時間
アクセスマップ
横田歯科医院
京都市南区久世中久世町2-105-1
コスモプラザ
TEL.075-934-9222
スタッフ募集!歯科技師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科助手

2010年09月

« 2010年08月 | 2010年10月 »

ふれあい食堂

2010年09月28日

私は毎月2回、隔週の木曜日に南区役所に所要で出かけています。
ここにある「ふれあい食堂」というところで昼食をいただくのを楽しみにしています。

2週間に一度というのが飽きもせずちょうどいいのかもしれません。
お世辞にも立派とは言えない建物ですが、味はたいへん美味しく私は気に入ってます。
何といっても昔の学食の雰囲気が味わえます。
a href="http://www.yokota-dc.com/IMGJINSEI/101104_125949.jpg">101104_125949.jpg
写真は焼飯(やきめし)ですが、値段は450円で手頃です。
昔は親父がよく魚肉ソーセージを入れて作ってくれました。
(母親はすぐお茶漬けにしてしまうので作ったことはありません)
大学時代は朝を抜いているので、一時間目が終わる(だいたい10時半頃)と食堂に一目散です。
前の日のご飯が多く残るとチャーハンを食堂のおばちゃんが作ってくれます。
実習館の食堂は地下にあり、階段をかけ下りる頃にチャーハンがあると匂いでわかります。
ない場合は関東風うどん(濃口)でがっかりです。
テンプラの油がギトギトで、二日酔いの日は次の授業の時間(11時頃)にはだいたい腹痛となります。
そういえば、名古屋出身のM君は「今日はチャーハンがあるがや!」と大きな声で叫びながら
ニコニコ食べていたのを思い出します。
私はいつも1時を過ぎてから行くので空いてますが、お昼は結構混雑しているかもしれません。
最近、御馳走ばかり食べておられる方には「ふれあい食堂」はお薦めです。
湯呑茶碗、スプーンの大きさ、椅子、テーブル、お皿、値段など全てが学食を思い出させてくれます。

藤崎です(^O^)

2010年09月14日

やっと朝晩過ごしやすくなってきましたねえ!

夏の疲れがでる頃なので体調管理にまだまだ気をつけたいですね。

私は秋を感じようと母親とぶどう狩りに行ってきました!
ベリーAという品種で巨峰よりも少しこぶりでとても甘みのある美味しさです。

幼い頃家族で行った山科の観修寺観光農園!
幼い姉妹はいつもリュックを背負っていました。

なぜなら食べきれなかったぶどうをこっそり忍ばせそそくさと帰る為に…(^_^;)

もう30年も前の話です。。でも確か時効って無くなったんでしたよねぇ∞
お許しを…(;_;)

そんな話をしながらぶどうを食べていると妹からメール。《今日も、もちろんリュック背負って来てるんやろなぁ?》ですって(^_^;)

なんというタイミング!!
母と大爆笑しました!妹も罪悪感からかあの時の事を鮮明に覚えていたのでした(*^o^*)

今回は農園の方を悲しみませることなくちゃんと3房買って家族のお土産にしましたよV(^-^)V

ぶどう狩りの後は芋掘りもされているようなのですが今年は猛暑のため苗が元気に育たず中止になったそうです(;_;)残念ですね。

秋は色んな美味しい食べ物があるので楽しみですね(-.-)zzZ


シネマ雑感:「大脱走」

2010年09月10日

9月10日、念願の「大脱走」を映画館で鑑賞することができました。
この作品は、私にとって「午前10時の映画祭」の目玉的存在です。
決して、アカデミー賞、グラミー賞などには縁遠い作品でしたが、昔の日本は大晦日、お正月、夏休みにはテレビで放映(それも前・後篇)されることが多く、節目はこれでOKという感じの珍しい映画であったことは間違いなく、今までに何回見たか憶えていないくらいに見ています。
この映画は収容所から250人を脱出させる娯楽色たっぷりに描いた戦争映画です。
今回の発見では、繰り返し脱走を失敗し独房に入れられるたびに野球のボールを壁に向かって投げるシーンがあるのですが、その姿にあっけに取られるドイツ兵士の顔が印象的でした。
あのボールが跳ね返る音がするたびに、「あッ、このリズムだったわ!」と妙に納得しています。
マックィーン扮するヒルツが大草原を縦横無尽にバイクで逃げ回るシーンがこの映画の見せ場でもあり、大画面でのバイクシーンには大満足でありました。
100912_004558.jpg
マックィーンは50歳でこの世を去ることになります。
私が今51歳、まさか、年齢を超えてしまうとは考えても見なかったことです。
この後の作品に「栄光のルマン」という映画がありましたが、この映画のポスターがどうしても欲しくて購入するためにお金を貯めていた記憶があります。
中学2年の時ですが、畳一畳ほどのこの大きなマックィーンのポスター(値段は800円でした!)は、日当たりが悪く、風通しも悪く、湿気だらけで、おまけにトイレに近いため悪臭の漂う私の部屋の壁に燦然と輝いていました。